12/19(土) SHARE 「患者をとりまく心のケア」オンライン勉強会開催

SHARE日本語プログラム(Japanese SHARE)より

年の瀬も迫ってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
オンライン勉強会「患者をとりまく心のケア」の開催が12月19日(土)に迫ってまいりましたので、ご案内させていただきます。治療中の患者さんとサバイバーさん、ケアギバーの方(パートナー、子ども、親、友人、仕事関係者)から寄せられた不安や質問ついてアドバイスいただきます。一般の方にもご参加いただけますみなさまどうぞお気軽にご参加ください。まだ残席がございますので、お早めにお申し込みください。

第一部〜患者編〜なんで私が?

  • コロナ禍での治療に対する不安。コロナ禍で起きているがん検診とその結果。
  • 再発への不安との付き合い方、など

第二部〜ケアギバー(パートナー、子ども、親、友人、仕事関係者)〜

  • がん患者さんにどのように接したらいいのかわからない。がん患者はどのように接してもらいたいかわかっているだろうか?
  • 仕事をどこまで任せていいのか?がんと就労を考える、など

【パネリスト】

橋本暢子(はしもとまさこ) 
全米カウンセラー協会認定(NCC)、NY州メンタルヘルスカウンセラー(LMHC)

加藤由佳(かとうゆか)
CA州公認臨床心理士(LMFT)、リトル東京サービスセンター、ソーシャルワーカー兼セラピスト

ブロディー愛子
乳がんサバイバー/SHARE日本語プログラム ファシリテーター、全国コーチ連盟(ICF)認定ライフコーチ https://www.alliswellcoaching.com/

【進行】

小杉祐子
乳がんサバイバー/SHARE日本語プログラム ファシリテーター、長距離ランナー

【日時】12月19日(土)
PST: 17:00~18:30 / MST: 18:00~19:30
CST: 19:00~20:30 /EST: 20:00~21:30
(日本時間 12月20日(日)10:00~11:30
【参加費】無料
【詳細/お申し込み】下記のウェブサイトをごらんください。
https://sharejp.org/schedule/2020/12/19

今後の患者サポートミーティングについての詳細やスケジュールは下記ウェブサイトをご参照ください。https://sharejp.org/support-meeting

SHARE日本語プログラムの行っている、ミーティングや勉強会などの最新情報を常にアップデートしておりますので、ウェブサイト内のスケジュールページもご参照ください。
https://sharejp.org/schedule/
みなさまのご参加をお待ちしております。

SHARE日本語プログラム(Japanese SHARE)運営委員

Japanese SHARE165 West 46th Street, Suite 712
New York, NY 10036
347-220-1110Web: sharejp.org
Facebook: www.facebook.com/sharejp.org
Twitter: twitter.com/SHARE_Japanese